市販用育毛剤のデメリット

市販の育毛剤を買う時に気を付けたいこと

市販の育毛剤は、病院に通わずに薄毛対策ができるという魅力がありますが、薄毛のタイプによってはほとんど効果が得られないことも珍しくありません。また、血行改善や発毛促進につながる成分がたくさん含まれている商品については、一本あたり五千円以上の高額なアイテムもあるため、長期的に育毛剤を使い続けたい場合には、なるべく家計を圧迫しないものを選びましょう。最近では、通販サイトなどで街のドラッグストアなどでは購入できない育毛剤が販売されていますが、効能や副作用の危険性などが定かでないものも多くあります。そこで、自分に合った育毛剤を購入するために、薬剤師にアドバイスをもらったり、愛用者の体験談を読み通したりすることが重要です。

初めからクリニックに通う方が費用が安くなることもある

市販の育毛剤は、軽度の薄毛や抜け毛、頭皮の炎症などには一定の効果が期待できることもありますが、症状が進行してゆくにつれ効き目が限定的になる傾向が見られます。特に、AGAをはじめとした遺伝的な影響の強い薄毛のタイプについては、市販の育毛剤だけでは対処しにくいケースが多く、初めからクリニックで治療を受けた方がトータルの費用が安くなる場合もあります。そこで、薄毛対策を始めるにあたり、育毛剤とクリニックのどちらが良いか迷っている場合には、無料でカウンセリングを受けることのできるクリニックに相談をすることがオススメです。また、クリニックで処方される育毛剤の中には、市販品よりも優れた成分が含まれているものもあり、有意義に治療を進めたい人に最適です。